MetaMask NFT Web3.0

【初心者向け】ツイッターのアイコンをNFTにする方法

 

ツイッターのアイコンをNFTにしてみたいけどどうすればいいんだろう?初心者にもわかるように教えてほしいなぁ…。

 
こんな疑問に答えます。

 
本記事を読めば、迷うことなくツイッターのアイコンをNFTにできますよ。

 
この記事を書いているぼくは、実際にNFTを購入してツイッターのアイコンにしています。

 

 
それでは、順番に見ていきましょう!

 

ツイッターのアイコンをNFTにする方法【6ステップ】

 
ツイッターのアイコンをNFTにする方法は以下の6ステップになります。

  1. 仮想通貨取引所で口座開設する
  2. イーサリアム(ETH)を購入する
  3. MetaMaskの登録(ウォレット作成)
  4. MetaMaskのウォレットにイーサリアム(ETH)を送金する
  5. OpenSeaでNFTを購入する
  6. ツイッターアイコンをNFTに設定する

 

① 仮想通貨取引所で口座開設する

 
NFTはイーサリアム(ETH)という仮想通貨で購入します。そのため、まずは仮想通貨取引所で口座開設しましょう。

 
初心者の方におすすめなのが、コインチェックです。

 
コインチェックは初心者の方でもアプリが使いやすく、ダウンロード数No.1です。

 
仮想通貨メディアCoinPartnerが仮想通貨に投資している20〜60代の投資家300名に「愛用しているおすすめの国内仮想通貨取引所」についてアンケートを実施しました。

 

引用元:CoinPartner「投資家300人にアンケート|愛用しているおすすめの国内仮想通貨取引所」

 
上記のようにコインチェックが一番利用されている結果になっています。

 
多くの人が利用している取引所なので安心感がありますね。

 
ぼくも一番最初に口座開設した取引所がコインチェックでした。

 
>>【無料】コインチェックで口座開設する

 
以下の記事でコインチェックの口座開設方法を解説しています。

 

② イーサリアム(ETH)を購入する

 
取引所の口座開設ができたらイーサリアムを購入していきます。

 
ですが、イーサリアムを購入する前にNFTの価格をチェックしておきましょう。

 
OpenSeaを開いて買いたいNFTコレクションの相場を見ておきます。

 
とは言っても初心者の方はどのNFTを買ったらいいのかわからない場合が多いと思います。

 
そこでおすすめなのが「CryptoNinja Partners」です。

 
CryptoNinja Partnersとは、CryptoNinjaのサブキャラクターで2022年5月15日、22,222体販売されたNFTコレクションです。

 
インフルエンサーであるイケハヤさん(@IHayato)とリツさん(@rii2_4)がプロデュースしているんですよ。

 
CryptoNinja Partnersは価格が安いので初心者の方でも気軽に購入できます。

 
NFTのおおよその相場がわかったら、ここから本題です。

 
まずはコインチェックに日本円を入金します。

 
※後ほどかかる手数料を考慮して5000〜1万円ほど多めに入金しておくと安心です。

 

スマホアプリを開いて「ウォレット」「日本円」をタップしましょう。

 

続いて「入金」をタップします。

 

入金方法を選びましょう。おすすめは入金手数料が無料の銀行入金ですね(振込手数料はかかります)。

 
住信SBIネット銀行に振り込む場合は、必ず振込人名義に「ユーザーID+名前」を記載してくださいね。

 
「振込手数料もかけたくない」という方は以下の方法で振り込んでください。

  • ネット銀行の振込手数料、無料枠を使う(楽天銀行など)
  • GMOあおぞらネット銀行または住信SBIネット銀行から振り込む

 
以上で入金完了です。入金が反映されるまでしばらく待ちましょう。

 
日本円を入金できたらイーサリアムを購入します。

 

ETHを選択して「購入」をタップします。

 

次に金額を入力して「日本円でETHを購入」をタップ。

 

最後に「購入」をタップすれば、ETHの購入完了です。

 

③ MetaMaskの登録(ウォレット作成)

 
次にMetaMaskの登録(ウォレット作成)をしていきます。

 
MetaMaskのウォレット(財布)はOpenSeaでNFTを購入するために必要になるものです。

 
流れを説明すると、

 
コインチェックで購入したETHをMetaMaskのウォレットに送金→MetaMaskとOpenSeaを連携→NFTを購入

 
になります。

 
MetaMaskの登録方法は下記の記事で解説しています。

 

④ MetaMaskのウォレットにイーサリアム(ETH)を送金する

 
次にMetaMaskのウォレットにイーサリアム(ETH)を送金していきます。

 
コインチェックのアプリを開きましょう。

 

ウォレットのタブを開いて「ETH」を選択します。

 

続いて「送金」をタップ。

 
次に送金先を設定していきます。

 

まずは「宛先を追加」をタップしましょう。

 

次に「新規追加」をタップします。

 

  1. ラベル:自分がわかればなんでも構いませんがシンプルに「メタマスク」がいいかと思います
  2. 宛先:MetaMaskのアドレスをコピペする
  3. SMS認証用コード:SMS送信をして届いた6桁のコードを入力する
  4. 最後に「追加」をタップする

 
MetaMaskのアドレスの確認方法は以下になります。

 

メタマスクを開いたらすぐに確認でき、アドレスをタップするとコピーされます。

 
宛先を追加できたら

 

  1. 宛先:「MetaMaskのアドレス」を選択する
  2. 送金サービス名:「その他」を選択する(一番下)
  3. 具体的な送金サービス名:「メタマスク」と入力
  4. 受取人種別:「本人への送金」を選択する
  5. 送金額:送金額を入力する
  6. 最後に「次へ」をタップする

 

  1. 6桁の認証コードを入力する
  2. 利用規約にチェックを入れる
  3. 最後に「申込みを確定する」をタップする

 
※認証用アプリは「Google Authenticator」または「Google認証システム」を使います。

 
MetaMaskのウォレットにETHが反映されれば送金完了です。

 

 

⑤ OpenSeaでNFTを購入する

 
次にOpenSeaでNFTを購入します。

 
まずはOpenSeaを開きましょう。

 
MetaMaskとOpenSeaを連携させます。

 

「三本線のアイコン」をタップします。

 

次に「Connect wallet」をタップ。

 

続いて「MetaMask」を選択します。

 

買いたいNFTトップページを開いたら「Filter」をタップ。

 
※CryptoNinja Partnersのトップページを開きた方は画面上の虫メガネのアイコンで検索してください。

 

次に「Buy Now」を選択して「Done」をタップします。

 

そうすると、現在販売されているNFTに絞られるので好きなNFTを選んでタップしましょう。

 

続いて「Buy now」をタップします。

 

次にチェックを入れて「Checkout」をタップします。

 

次にガス代という手数料が表示されるのでタップしてみてください。

 

そうすると、ガス代を変更する画面になります。

 
高いガス代(手数料)を支払うほど優先的に取引される仕組みです。

 
ガス代はLow<Medium<Highの順番で高くなります。

 
なので、ガス代を安くするために「Low」を選択して「Save」をタップしましょう。

 

ガス代を変更できたら「確認」をタップします。

 
以下の画面になれば購入完了です。

 

 

⑥ ツイッターアイコンをNFTに設定する

 
いよいよツイッターアイコンをNFTにしていきます。

 
ここからはパソコン画面で解説します(スマホでやってみましたがよくわからなかったので)。

 
まずはMaskを開きましょう。

 
Maskを使うことでツイッターとMetaMaskの連携が可能になります。

 

「Install Mask」をクリックします。

 

続いてブラウザを選択します。ぼくはChromeを選びました。

 

次に「Chromeに追加」をクリックします。

 
 

次に「同意」をクリック。

 
 

続いて「作成」をクリックします。

 
 

ペルソナはあなたの名前でも何でもOKです。

 
 

アイデンティティコードを紙にメモしてください(復元する際に必要になります)。

 
メモできたら「I have kept my identity code safely.」にチェックを入れ、「Next」をクリックします。

 


アイデンティティコードは単語の順番もわかるようにメモしてください。また、第三者に見られないよう厳重に保管しましょう。

 
 

次に「Twitter.comに接続」をクリックします。

 
 

続いて「接続する」をクリックします。

 
 

次に「Mask Network」をクリック。

 
 

次に「ウォレットに接続しています」をクリックします。

 
 

続いて「MetaMask」を選択しましょう。

 
 

次に「開始」をクリックします。

 
 

次に「ウォレットをインポート」をクリックします。

 
 

 
ここはどちらを選んでもかまいません。ぼくは「同意する」を選びました。

 
 

  1. MetaMaskのウォレット作成で使ったシークレットリカバリーフレーズを入力する
  2. MetaMaskのウォレット作成で使ったパスワードを入力する×2
  3. 「利用規約を読んで同意しました」にチェックを入れる
  4. 最後に「インポート」をクリックする

 
 

次に「すべて完了」をクリックします。

 
 

ここで再び「MetaMask」を選択します。

 
 

続いて「次へ」をクリック。

 
 

次に「接続」をクリックします。

 
ここまで来ればあと少しです!

 
 

「NFT Avatar」をクリックします。

 
 

次に「Set NFT Avatar」をクリック。

 
 

画像の位置を微調整して「Apply」をクリックします。

 
 

最後に「Save」をクリックすれば完了です。

 
お疲れ様でした!

 

ツイッターのアイコンをNFTにする方法【まとめ】

 
今回はツイッターのアイコンをNFTにする方法を以下の6ステップで解説しました。

  1. 仮想通貨取引所で口座開設する
  2. イーサリアム(ETH)を購入する
  3. MetaMaskの登録(ウォレット作成)
  4. MetaMaskのウォレットにイーサリアム(ETH)を送金する
  5. OpenSeaでNFTを購入する
  6. ツイッターアイコンをNFTに設定する

 
ツイッターのアイコンをNFTにするためには仮想通貨取引所で口座開設する必要があります。

 
>>【無料】コインチェックで口座開設してみる

 
以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
コインチェック

-MetaMask, NFT, Web3.0