NFT Web3.0

【簡単】NFT Giveawey(ギブアウェイ)企画のやり方を解説

 

NFTのGiveawey企画をやってみたいけど手順がわからないなぁ…。初心者でもわかるように教えてほしい。

 
こんなお悩みに答えます。

 
本記事の内容

  • NFT Giveawey企画とは?
  • NFT Giveawey企画のやり方
  • NFT Giveawey企画のメリット・デメリット

 
今回は、ぼくがTwitterでNFT Giveawey企画をした実例を用いて解説していきますね。

 
さっそく見ていきましょう!

 

NFT Giveawey(ギブアウェイ)企画とは?

 
NFT Giveawey(ギブアウェイ)企画とは、TwitterなどのSNSを使ってNFTを無料で配ることです。

 
目的は主にNFTコレクションやSNSアカウントの知名度を上げるためです。

 
NFTクリエイターなら制作したNFTコレクションをGiveaweyすることによって知名度が上がり売り上げアップにつながりますし、ブロガーならSNSアカウントからブログへの流入が増える可能性があります。

 
ぼくの場合、土日に開催したのが原因なのかあまり反響がなかったのですが、多くの人は数十人から数百人フォロワーが増えます。

 

NFT Giveawey(ギブアウェイ)企画のやり方【5ステップ】

 
NFT Giveawey企画のやり方は以下の5ステップです。

  1. TwitterでGiveawey企画ツイートをする
  2. 当選者を選び、発表する
  3. 当選者にMetaMaskのアドレスを聞く
  4. OpenSeaでNFTを送信する
  5. 当選者にツイートしてもらう(任意)

 

①TwitterでGiveawey企画ツイートをする

 

上記のように条件や期限を記載してツイートしましょう。

ぼくはいきなりツイートしましたが、事前にGiveawey企画の予告ツイートをしておいてもいいですね。

 

②当選者を選び、発表する

 

 
次に当選者を選び、発表ツイートをします。

 
当選者が気づくようにメンション(@ユーザー名)を付けてツイートしましょう。

 
ちなみにぼくがりょう(@ryoseiblog)さんを選んだ理由は、条件を満たしてくれたことはもちろんのこと普段からしっかり自分の言葉で発信をされていて頑張っているからです。

 
Giveawey企画のリツイートばかりしているアカウントにあげたいとはならないですからね。

 

③当選者にMetaMaskのアドレスを聞く

 
続いて当選者にTwitterのDMでMetaMaskのアドレスを聞きましょう。

 

④OpenSeaでNFTを送信する

 
当選者のMetaMaskアドレスがわかったらNFTを送信します。

 
NFTの送信手順については『OpenSeaでNFTを送信する方法』をご覧ください(2つ下の項目です)。

 

⑤当選者にツイートしてもらう(任意)

 

 
ここは任意になりますが、無事にNFTを送信できたら当選者に受取ツイートをしてもらいましょう。

 
中には「本当にGiveawey企画やってるの?」と疑っている人もいると思うので証拠として受取ツイートをしてもらうことをおすすめします。

 

OpenSeaでNFTを送信する方法

 
手順は以下になります。

  1. OpenSeaにアクセスし、メタマスクにログイン
  2. NFTを選択し、送信ボタンを押す
  3. 当選者のアドレスを入力
  4. ガス代の確認

 

1. OpenSeaにアクセスし、MetaMaskにログイン

 
まずはOpenSeaにアクセスしましょう。

 

OpenSeaにアクセスできたら右上の「アイコン」をクリックします。

 
 

次に「MetaMask」をクリックし、ログインします。

 

2. NFTを選択し、送信ボタンを押す

 

送信したいNFTを選択し、右上の「Transfer」をクリック。

 

3. 当選者のアドレスを入力

 

当選者の「MetaMaskアドレス」を入力し、「Transfer」をクリックします。

 

4. ガス代の確認

 

次にガス代を確認し、「確認」をクリック。

 
 

上記画面になればNFTの送信完了です!お疲れ様でした!

 

NFT Giveawey(ギブアウェイ)企画のメリット

 
NFT Giveawey企画のメリットは以下の3つです。

 

認知度が上がる

 
Giveawey企画をすることにより、NFTコレクションやSNSアカウントが多くの人に見られるので認知度が上がります。

 

NFT市場が盛り上がる

 
日本のNFT市場はまだまだ発展途上です。

 
そのため、Giveawey企画をすると今までNFTを購入したことがない人もNFT市場に参入するきっかけをつくれるので、市場を盛り上げられます。

 

フォロワーを増やせる

 
あなたやクリエイターのSNSアカウントをフォローすることをGiveawey企画の参加条件にすれば、たくさんのフォロワーを獲得することが可能です。

 

NFT Giveawey(ギブアウェイ)企画のデメリット

 
NFT Giveawey企画のデメリットは以下になります。

 

ガス代がかかる

 
NFTを購入するときと同様に送信するときもガス代(手数料)がかかることがデメリットですね。

 
ガス代は取引の混み具合やイーサリアム(ETH)の価格によって変動します。

 

【まとめ】NFT Giveawey(ギブアウェイ)企画のやり方

 
今回はNFT Giveawey企画のやり方について解説しました。

 
目的にあわせてぜひGiveawey企画を活用してみてくださいね。

 
以上です。

-NFT, Web3.0