MetaMask

メタマスクをRevoke(リボーク)する2つのやり方を解説


著作者:rawpixel.com/出典:Freepik

 

本記事はこんな方におすすめ

  • Revoke(リボーク)って何?
  • Revoke(リボーク)の必要性を知りたい
  • メタマスクをRevoke(リボーク)するやり方を知りたい

 
NFTやDeFiを触っているまたは始めるならRevoke(リボーク)は必須になりますので、この記事でマスターしていただければと思います。

 

この記事を書いた人

 

けい@_freedom100

 
仮想通貨ブロガー

 
NFTコレクター

 
NFTの含み益7桁

 

Approve(アプルーブ)とRevoke(リボーク)とは?

 
Approve(アプルーブ)とは仮想通貨やNFTを売買する際、スマートコントラクト(プログラム)に送付許可を与えることです。

 
この一度与えた送付許可を取り消すことをRevoke(リボーク)といいます。

 

メタマスクをRevoke(リボーク)する2つのやり方

 
以下2つのRevokeのやり方を解説します。

  1. Etherscan(イーサスキャン)などでRevokeするやり方
  2. Revoke.cashでRevokeするやり方

 

①Etherscan(イーサスキャン)などでRevokeするやり方

 
まずはEtherscan(Polygonscan・Bscscan)を開きます。

 
PolygonscanやBscscanをRevokeする場合はメタマスクのチェーンを切り替えてくださいね。

 

 
 

「︙」をクリック。

 
 

次に「アカウントをEtherscanで表示」をクリック。するとEtherscanが開きます。

※PolygonscanやBscscanの場合は「アカウントをエクスプローラーで表示」をクリックしてください。

 
 

続いて「More」「Token Approvals」をクリックします。

 
 

 
 

「Connect to Web3」をクリックしましょう。

 
 

「OK」をクリック。

和訳した文章も載せときますね。

この機能はベータ版であり、「現状有姿」かつ「利用可能」な状態で提供されていることに留意してください。Etherscanはいかなる保証も行わず、この機能の継続的な使用による直接的または間接的な損失に対して一切の責任を負わないものとします。

 
 

次に「MetaMask」を選択し、〜scanとメタマスクを接続しましょう。

 
 

「Connected Web3」となれば接続できています。

 
 

タブがいくつかあるのでRevokeが必要なものを探しましょう。

今回はERC-721のNFTコレクションのApproveをRevokeしていきます。

 
 

「Revoke」をクリック。

 
 

もう一度「Revoke」をクリックします。

 
 

次に「確認」をクリック。

 
 

続いて「View your transaction」をクリックします。

 
 

statusが「Pending」と表示されている場合は処理中です。

 
 

statusが「Success」になればRevoke完了です!お疲れ様でした!

 

②Revoke.cashでRevokeするやり方

 
まずはRevoke.cashの公式サイトを開きましょう。

 

Revoke.cashを開いたらRevokeしたいチェーンを選択します。

 
 

次に「Connect Wallet」をクリック。

 
 

「MetaMask」を選択し、Revoke.cashと接続します。

 
 

次にRevokeしたい項目を選択してください。

今回はNFTコレクションのApproveをRevokeしていきます。

よって「NFTs」を選択しています。

 
 

「Revoke」をクリック。

 
 

続いて「確認」をクリックします。

 
 

「Revoking...」と表示されている場合は処理中です。

 
 

「No allowances」となればRevoke完了です!お疲れ様でした!

 

メタマスクRevoke(リボーク)のQ&A

 
ここからはQ&A形式であなたが疑問に思いそうなことをピックアップしました。

 

Revokeは無料なの?

 
いいえ、Revokeにはガス代(手数料)がかかります。

 

Revokeはどんなときに必要なの?

 
先述のとおり、Approveとは仮想通貨やNFTを売買する際、スマートコントラクト(プログラム)に送信許可を与えることと説明しました。

 
つまり、詐欺サイトでApproveすると資産が盗まれるリスクがあるわけです。

 
そのため、怪しいサイトでApproveしてしまったときにRevokeする必要があります。

 
その他、定期的にApproveしたものを見直し、見覚えのないものやしばらく使わないものもRevokeしましょう。

 
 

 

ApproveしたものはすべてRevokeすべき?

 
安全なサイトでApproveしているならRevokeする必要はありません。

 
しかし、少しでも怪しいと思ったり、できたばかりのサービスでApproveしたときはRevokeしておいた方が安全ですね。

 
また、ウォレットを複数つくって使いわけるのも一つの手です。

 
必要最低限の資金しか入れない盗まれてもいいウォレットであればRevokeしなくてもOKです。

 
メタマスクのウォレットを複数つくりたい方は下記の記事をどうぞ。

>>メタマスクのアカウント・ウォレットを複数つくる方法

 

【まとめ】メタマスクをRevoke(リボーク)する2つのやり方

 
今回はメタマスクをRevoke(リボーク)する2つのやり方を解説しました。

 
定期的にApproveしたものを見直して大切な資産を守りましょう。

 
以上です。ありがとうございました!

-MetaMask